ブログ

臨時国会が閉会しました

2018/12/11

国務大臣に就任し2か月余りが経ちました。閣議をはじめ、経済財政諮問会議、総合科学技術・イノベーション会議、未来投資会議など日本の方向性を決定する重要な会議にも数多く出席し、昨日、第197臨時国会が閉会しました。災害からの復旧・復興等のための補正予算を始め、数々の重要法案や条約が成立・承認するなど、閣僚の一員として意義深い国会でした。また、地元に帰るたびに、たくさんの方々から様々な叱咤激励をいただき、責任の重さを日に日に噛みしめている毎日です。地元の皆さまのご期待に沿えるよう、更に緊張感をもって日々の活動に臨みたいと思います。

新たな試みとして「Pitch to the Minister 懇談会(通称:平井ピッチ)」をスタートさせました。ピッチとは「プレゼンテーションの短い版」というニュアンスで、既存の製品やサービスの詳しい説明ではなく、前例のない革新的なアイデアや魅力的な企画などを短時間で説明するカジュアルなアピールです。ピッチを受けるたびに一般には知られていない刺激的なアイデアや目からウロコの先端技術が日本には少なからずあることに驚かされます。そのアイデアや技術をうまく実装することができれば、日本はまだまだ大丈夫です。

スマホが登場して僅か10年で私たちの生活は大きく変わりましたが、いくらテクノロジーが進化しても人と人とのコミュニケーションはどこまで行ってもアナログです。私も地元に帰れば、母親にタブレットの使い方を教えるのが楽しみの一つになっています。以前より、母親との会話が増えたのも、ある意味、デジタル化のメリットだと言えるかもしれません。私の担当は、IT、科学技術、クールジャパン、知財、宇宙政策など広範に渡りますが、一言でいえば「デジタル化推進担当大臣」です。全ての国民が安心してデジタル社会に移行し、デジタル化の恩恵を享受できるように勇気を持って、そして丁寧にデジタル化を進めたいと思います。

気が付けばもう師走。これから本格的な冬の到来となりますが、どうぞご自愛の上、充実した年末をお過ごしください。皆さまと地元で直接お会いできることを楽しみにして、少し早いですが年末のご挨拶に代えさせていただきます。今年も大変お世話になりました。新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。