ブログ

内閣委員長に就任しました!

2012/12/27

過日の総選挙では、大勢の皆さまから温かいご支援を賜り、小選挙区で 5期目の議席をお預かりすることとなりました。突然の解散で、 短期決戦ということもあり、多くの方々にご迷惑とご心配をお掛けした 選挙戦となりましたが、ご支持いただいた84080票の重みを胸に、 これからも緊張感をもって国政に臨みたいと思います。 なお、公職選挙法の定めにより当選のお礼を述べることは禁じられています。 何卒、ご理解ください。 選挙戦を振り返ってみると、全国的に投票率が伸びなかったとはいえ、 私自身も惜敗した前回を下回る得票数であったことは多いに反省の 余地が残ります。今回の選挙は、民主党政権によって失われた国益と 政治への信頼をどう取り戻すかが最大の争点でした。政権を取ったのに、 公約を何一つまともに実現できなかった政党が衰亡するのは当然です。 だからといって、自民党が積極的に支持されたかといえば、決して そうではないのです。地元には全く縁が無く、政策的にも一貫性を欠く 第3極の候補者が、公示直前に立候補を表明し、2万票に余る得票をした 現実を深刻に受け止めなければなりません。来年の参議院選挙に 勝って初めて、安定した政権運営が可能となります。 これからが安倍自民党の正念場だと、改めて肝に銘じたいと思います。 昨日、第182特別会が召集され、安倍新政権が動き出しました。そして、 私は新たに衆議院内閣委員長の重責を担うこととなりました。 内閣委員会の最優先課題は、復活が決まった経済財政諮問会議と、 新設される日本経済再生本部の両者を経済財政政策の司令塔とし、 デフレ脱却などの重要課題に対応する審議を円滑に進めることです。 地域や国民の生活が良くなっていると実感できる具体策をスピード感を 持って推進したいと思います。更には、私が長く関わってきた 共通番号制度(マイナンバー)を次期通常国会で仕上げるのも 内閣委員会の重要な役割です。いずれにせよ、大変厳しい状況からの スタートとなりますが、政治は結果です。今回の選挙で示された 国民の期待に応えるため、課題の解決に全力を尽くします。 尚、恒例となりました「平井たくや新春賀詞交歓会」を下記の通り 開催いたします。ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席いただきますよう ご案内申し上げます。 最後になりましたが、新年が皆さまにとりまして素晴らしい年に なりますようご祈念申し上げ、年末のご挨拶に代えさせていただきます。 よいお年をお迎えください。