ブログ

第196通常国会が召集されました

2018/01/22

天気予報の通り、都心部でも数センチの積雪が観測される中、第196通常国会が召集されました(会期は6月20日までの150日間)。まずは、平成29年度補正予算、平成30年度予算を成立させることが今国会での最優先事項です。デフレを完全に脱却し、予算の早期執行によって経済成長の果実を地元の皆さまにも届けたいと思います。北朝鮮の問題など、政治は何が起きるか分かりません。最大限の緊張感を持って国会対応に臨みたいと思います。

特に平成29年度補正予算では、私が主導した中小企業に対する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」も含まれます。いわゆる「IT補助金」です。予算額も昨年度の5倍の500億円を確保しましたので、より多くの中小企業及び個人事業主の皆さまにIT導入による生産性の向上を実現してほしいと思います。こちらは、別の機会に詳しく説明させていただきます。

広報本部長としては、日常の広報活動に加えて、3月の党大会、更には9月の総裁選挙と大きなイベントが予定されています。また、IT戦略特命委員長としてもデジタルソサエティを実現するための、官民データの利活用をはじめ、Fintech、AIなどテーマは多岐に及びます。更に、地元では先般発生しました鳥インフルエンザの対応、更に理化学研究所、慶応大学と進める地方創生施策も徐々に成果を実感できる段階に入りました。また、高松市が進めるスマートシティ施策など、明日につながる前向きな施策が盛り沢山です。

とにかく、昨年の総選挙でお約束した働き方改革、生産性革命、人づくり革命を始めとした政策を着実に実行していくことで、政府与党としての責任を果たして参りたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

雪の国会