ブログ

東日本大震災から6年を迎えて

2017/03/11
東日本大震災の発生から6年目の3月11日を迎えました。改めまして被害にあわれた方々に心からお悔やみを申し上げます。そして、今もなお、厳しい避難生活を送っておられる12万人もの方々に心よりお見舞いを申し上げます。

6年前の8月、自民党の新しいIT戦略「デジタル・ニッポン2011絆バージョン~復興、そして成長へ~」(http://bit.ly/2lMlowh)を発表しました。震災後の6年間は、被災地の復旧・復興と被災者への支援、更には原子力事故を教訓とした超広域災害への備え、更には新たな復興・防災の仕組みを経済成長へ繋げる政策をITの観点から推進してきた6年だったように思います。

私が2000年の初当選以来、特にIT政策にこだわってきたのは、全ての政策のベースにITがあり、ITの徹底的な利活用なしに、我々が直面する問題を克服するのは不可能だと考えているからです。もちろん震災からの復興も例外ではありません。ITを徹底的に利活用することで、復興を加速化させ、新しい防災・減災の体制により、利便性が高く、安心で豊かな社会を実現することができると考えています。

引き続き、私たち自民党は政府と一体となって、「被災地の復興なくして日本の再生なし」という共通認識のもと、復興の加速化に取り組んでまいります。