ブログ

選挙戦を振り返って

2014/12/19

ご支援いただきました皆さまのご尽力のおかげで、74,115の得票をいただき、6期目の当選を果たすことができました。冷え込む師走のご多忙の中、ご自身の仕事をあと回しにしながらも、私をお支えいただきました全ての方に、心より感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございました。改めて、選挙は一人では何もできないということを痛感した12日間でした。

これからの日本経済を、国民生活をどのようにして豊かにしていくのか、今回の選挙において経済政策のかじ取りが最大の争点でした。結果として、安倍政権の2年間が信任され、アベノミクスをさらに進めよ、といった国民の皆さまの明確な意思が示されたと認識しています。今後、より一層厳しい目線が私たちに対して注がれます。この結果に決して奢ることなく、その負託に確実に応えて行く決意を新たにしています。

選挙戦を通じて、地元の皆さま、中小企業の皆さまが肌感覚で景気回復が実感できるようにしたいと訴えてきました。今後、県、市、町とも綿密に連携し「香川創生」を具体的に進めて参ります。また、アベノミクスをさらに進めるためには、ITの利活用が欠かせません。ITを十分に利活用してこそ、私たちは今後も成長していくことができるのです。自民党IT戦略特命委員長としての私の役割はますます重要になってきます。さらに気持ちを引き締めて、全力で取り組む所存です。

最後になりましたが、皆さまからいただきましたご恩とご期待を、しっかりと仕事でお返しできるよう全力を尽くしますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。