ブログ

第183通常国会が閉会

2013/06/28

政権発足から半年、「縮小均衡の分配政策」から「成長による富の創出」へと大きく舵を切った安倍政権は、大胆で次元の違う経済政策「アベノミクス」によるデフレ脱却と経済再生の大方針を宣言、日本を覆っていた暗く重い空気は一変しました。これから3年間は着実にスピーディに政策を実行して、国民の手にその成果を届けることが我々の責任です。

一方、26日、150日の会期を終え第183通常国会が閉会しましたが、最終盤にねじれ国会による弊害が顕在化しました。今国会における政府提出法案の成立率は84%とまずまずの数字です。私が内閣常任委員長として深く関わったマイナンバー法案や、党ネットメディア局長として主導したネット選挙運動を解禁する公職選挙法改正などの法案を成立させることができたのは、「決められる政治」がまた一歩前進したと言えるでしょう。しかし、国会最終日に参議院で安倍首相に対する問責決議が可決されたため、不正受給対策を進める生活保護法改正案や、電力システム改革を進める電気事業法改正案など、国民生活に直結する重要法案が6本も廃案になったのです。極めつけは、裁判所で違憲とされた一票の格差の是正、いわゆる0増5減法案も「ねじれ」に翻弄された法案でした。昨年、民主党は0増5減法案に賛成したにもかかわらず、その区割り法案は民主党が第1党を占める参議院で60日以上にわたって放置されました。可決も否決もしない。つまり、意思決定すらなされなかったことは、参議院の存在意義を否定するものであり、「ねじれ」解消の必要性を強く感じた国会でもありました。

国会の閉会を受け、来月21日投開票予定の参議院選挙に事実上突入することになります。私は地元選挙区の責任者と自民党のネット選挙の責任者という2足のわらじを履くことになります。自民党では、スマートフォン向けの公式アプリとして、党の最新情報を発信する「自民NEWS」、ジャンピングゲームが楽しめる「あべぴょん」など、7つのアプリを発表しました。もっと正確に、さらにスピーディーに、国民に政策を伝えるつもりです。新しい時代に挑戦する開かれた政党を目指す自民党では、これからも、さまざまな形でインターネットを活用して国民の皆さまとのコミュニケーションを深めていきます。詳しくは、自民党ホームページ(https://www.jimin.jp/appli/index.html)をご覧ください。また、今晩19:30-参議院議員選挙に先駆けて動画配信サイト「ニコニコ生放送」でネット党首討論が行われます。こちらもお時間のある方は是非ご覧ください。→http://live.nicovideo.jp/watch/lv142315925(無料ですが会員登録が必要です)。

参院選に勝利して初めて「日本を、取り戻す」ための政権交代は完結します。今の日本に「ねじれ」による不毛な政局に振り回されている余裕はありません。暑い熱い夏になりそうですが、チャレンジャーとしての緊張感を持って一日一日を全速力で駆け抜けたいと思います。皆さんとは、街角で、またネット上でお会いする機会が増えると思います。その時はどうぞ、気軽にお声掛け下さい。